活動報告

事業報告

令和2年度後期技能検定実技試験


令和2年度後期技能検定実技試験が実施された。

印刷箱製造(打抜き・製箱)の1級・2級実技試験は、1月24日(日)午前8時から、㈱新和製作所・第二工場(埼玉県ふじみ野市)で行われ、多数が受検し、午後5時終了した。

貼箱製造の1級・2級実技試験は、2月7日(日)午前8時から、㈱泰清紙器製作所(埼玉県戸田市)で行われ、多数が受検し、午後4時終了した。

*コロナ感染拡大防止策のもと、実施された。


                                                   ページトップへ

特別セミナー


2021年1月8日、第一ホテル両国で、新春セミナーがおこなわれた。講師には、一般社団法人マザーリングマネージメント協会代表理事の金子祐子氏を招き、「自発的に仕事に取り組むご機嫌な社員を増やす」をテーマに、講演がおこなわれた。

参加者からは、「大変役に立つ内容」と多くのコメントが寄せられた。

*コロナ感染拡大防止対策のもと、人数制限を設けて開催しました。


                                                   ページトップへ

情報交換会


2020年12月10日、浅草文化観光センター大会議室で、第一回「情報交換会」を開催した。
コロナ禍における組合員各社の事業展開について、情報交換をおこない、興味深い内容が浮き彫りとなった。

*コロナ感染拡大防止対策のもと、人数制限を設けて開催しました。


                                                   ページトップへ

特別セミナー


東京紙器工業組合は10月8日午後3時30分から東京・台東区の浅草文化観光センター大会議室で特別セミナーを開催した。今回は「紙器会社のテレワーク導入」をテーマに講師の湯本英宏氏(グラパックジャパン㈱取締役部長)が行った。

*コロナ感染拡大防止対策のもと、人数制限を設けて開催しました。


                                                   ページトップへ

研修委員会


2020年度4月~10月
コロナウイルス感染拡大防止のためZOOMで毎月開催している。

                                                   ページトップへ

第63回通常総会


東京紙器工業組合は5月29日、第63回通常総会を書面決議により実施し、
すべての議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では、山崎理事長を再選した。

                                                   ページトップへ

令和2年賀詞交換会


東京紙器工業組合は1月9日午後6時から、第一ホテル両国で、令和2年賀詞交換会を開いた。来賓を含め62名が参加、新年初顔合わせを行った。
令和2年賀詞交換会
令和2年賀詞交換会
                                                   ページトップへ

理事会

第6回理事会

東京紙器工業組合は4月27日午後3時30分から、東京・墨田区の第一ホテル両国で
第6回理事会を開催した。今回もコロナ感染拡大防止策を徹底したなかでの開催となり、
第64回通常総会(5月25日開催)への全提出議案を審議、承認された。
2021年「ハコの日」は、オンライン開催で行うことも決定した。


                                                  ページトップへ

第5回理事会

東京紙器工業組合は3月18日午後3時30分から、東京・墨田区の第一ホテル両国で
第5回理事会を開催した。今回もコロナ感染拡大防止策を徹底したなかでの開催となり、
新年度事業計画等について審議した。向島支部解散に伴い、退会者6社、個別会員として
継続加入者が6社になったことが報告され、了承された。
東日本紙器厚生年金基金の解散に伴う不動産売買について、経過説明が文書(同基金
作成)で配布されたが、今後の対応については専門家の意見を聞くことで了承された。


                                                  ページトップへ

第4回理事会

東京紙器工業組合は第4回理事会を11月19日にひらき、
12月、1月の事業スケージュールを発表した。

1.令和2年度後期技能検定試験について

受検者は印刷箱製造(製箱・打抜)が1級2級あわせて21名(実技のみ)、
貼箱製造が1級2級合わせて12名(実技のみ)。

実技試験日は、印刷箱製造が2021年1月24日(日)、㈱新和製作所様第二工場(埼玉県ふじみ野市)で、
貼箱製造が2021年2月7日(日)、㈱泰清紙器製作所様(埼玉県戸田市)でおこなわれる。

2.「コロナ禍における独自の経営展開」テーマの情報交換会

12月10日、浅草文化観光会館で18名限定で開催される。

3.令和2年度「理事・顧問・相談役忘年会」について

 コロナ感染拡大防止の観点から、今年は中止とした。

4.令和3年度「新年会」について

 コロナ感染拡大防止の観点から、2021年1月開催は中止とした。

 これにかわる「新年特別セミナー」は1月8日に両国第一ホテルで開催することになった。

 懇親会をおこなわず、40人限定でおこなう。


                                                  ページトップへ

第3回理事会

・東京紙器工業組合は9月17日、第3回理事会を開き、2020年度後期技能検定試験の申込状況を発表した。印刷紙器製造(打抜き・製箱)は1級2級あわせて24人、貼箱製造は10人となる。2021年「ハコの日」も開催することで了承された。


                                                  ページトップへ

第2回理事会

・東京紙器工業組合は7月17日午後3時30分から、浅草文化観光会館で、令和2年度第2回理事会を開催した。コロナウイルス感染拡大防止のため大会議室で出席者の距離を置いておこなわれた。2020年度事業ならびに城南支部の設立と中央支部解散に伴う個別加入など、全議案を審議、承認された


                                                  ページトップへ

研修委員会のお知らせ

第1回「抜きオペレータ研究会」

【日 時】
2019年11月16日(土)13:00〜19:00

【場 所】
㈱新和製作所・第二工場

 東京紙器工業組合主催の第1回「抜きオペレータ研究会」が11月16日午後1時から㈱新和製作所・第二工場(山崎康成社長、埼玉県ふじみ野市)で20社41人が参加し、工場見学と研究会が開催された。研究会のディスカッションでは、㈱カウンタープレートジャパン代表の浅井和明氏をアドバイザーに招いて、活発な論議が行われた。

    研修風景

                                                       ページトップへ

研修委員会のお知らせ

2020年度 第10回研修委員会

【司会小林委員長で開会】
・研修委員長挨拶、議長…委員長兼任。
・議事録作成者西脇氏
・写真他撮影担当者 小嶋氏
出席者 小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、河村氏、

【日 時】
2021年1月19(火)

【場 所】
ZOOMによるWeb会議

【今月のテーマ】
『コロナ対策の共有』
・リモートワークの為、社内のネット環境整備
・資金繰り、コロナ対策の融資や助成金等の状況と予測
 返済計画。
・営業かけるお客様、業種を増やしてチャンスを作る。
・製造における効率化
・コロナ以前から会社組織がやらなきゃならないことをやってきた会社が
 コロナ下においてもなんとかなっているでは。
 等、各社から活発に情報意見交換をした。

【審議事項】
研修委員会基本理念(仮)を山崎理事、猪俣氏にお伝えし、意見を聞く。

【来期役員候補選定】
参加者で役員候補を相談した。

【次回委員会開催日、場所】
2月16日(火)場所…未定

【閉会】


                                                       ページトップへ

2020年度 第8回研修委員会

参加者
<会場> 小林委員長、西脇副委員長                           
<ZOOM> 田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、河村氏、飯田氏、大澤  8名

【日 時】
2020年11月17日(火) 19:00~

【場 所】
ZOOM & KoNA水道橋

【研修委員長挨拶】
小林委員長の挨拶から始まり、各会社の近況報告

【今月のテーマ】担当:福島氏
「研修委員会基本理念の作成」

~前回(9/15)の研修会のおさらい~
・理念についての復習・・理念とは、理念の三原則、理念の機能、理念の三つの条件
・日創研の経営理念・・経営理念、ビジョン、目的・使命
・東京紙器工業組合の歴史・・創立104年の歴史
・全日本紙器段ボール箱工業組合連合会 段ボール箱・紙器産業人網領
・研修委員会の歴史・・平成25年10月嶋田氏の他6名で発足、現在3代目小林委員長
・研修委員会の基本理念の考え方・・目的、歴史から学ぶ、思考の3原則、理念三つの条件
時代に合わせるなど。
以上の内容から、研修委員会の基本理念を参加者全員でディスカッションし、意見を纏めて具体的に落しこみをした。

~研修委員会の基本理念を考える~
・纏めるポイントとしては、『どういう会にしたいのか?』を考え、意見を出しあう。
・参加者メンバーの思い
*成長という言葉は必須、研修会で学んだことを会社に持ち帰り社員と共有、実践する。
*助成金などいろいろな情報を収集できる場。
*経営者だけでなく、ワークショップなど誰でも参加しやすい楽しい場。
*個々の知識、技術などレベルが違うので、個々の力が更に発揮できる場にしたい。
*互いに高めあう、共に成長のできる場。
*会社の悩み、クレームの相談や対応など解決のヒントになるオープンな場にしたい。
*成長産業ではないが、業界の活性化に繋がる研修会にしたい。
*過去、現在、未来と繋がって研修委員会を通じ社会貢献していく(未来に寄与していく)
*誰でも、分からないことを「分からない」と言える場でありたい。

・上記の意見から大切な言葉を抜き出し集約していく
「成長」「情報収集」「共に」「愉しい場」「オープンの場」「経営者だけではない」
「過去、現在、未来と繋がって」   
・理念について再復習・・この研修委員会はどういう目的で、どのような考え、やり方で運営し
ていくのか。
・一つに纏めていく
研修委員会基本理念(仮)
研修委員会はオープンに学びあい、情報を共有できる愉しい場を通じ、
互いの成長、紙器業界の発展に寄与します。

【審議事項】
研修委員会基本理念(仮)を山崎理事、猪俣氏にお伝えし、意見を聞く。

【報告事項】
11月、㈱飯田紙器製作所の飯田剛弘氏が代表取締役に就任した。

【次回委員会開催日、場所】
12月15日、未定 (忘年会未定)


                                                       ページトップへ

2020年度 第7回研修委員会

司会:小林氏
参加者:小林委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、西脇副委員長、大瀧将聖氏、福島氏、河村氏、清弘氏、大澤氏、湯本氏、石原氏(オブザーバー)、前田氏(オブザーバー・JPA)、竹川氏(オブザーバー・アロー企画)

【日 時】
2020年10月20日(火)

【場 所】
ZOOMによるWeb講演・グループワーク

・小林委員長挨拶
今年はコロナ禍で色々な所に影響が出ている、各社の事業もそれぞれ違うので今回のテーマの事業環境分析で自社に学びを持ち帰って欲しい。

【今月のテーマ】
「事業環境分析」 講師:株式会社 アイ・シー・ラボ 川口福太郎氏
川口氏は印刷関係の会社を対象に研修をされている。

今回はコロナの影響による事業環境変化を考察する。
【目的】将来の事業環境をどのように考察するか、方法論を学習する。
・各社が、自社の商品・サービスが影響を受ける市場について考察出来るように。
・各社が考察した事業環境を、中長期の「骨太の戦略」策定につなげるため

川口氏から事業環境分析の説明がされた後、各社が得意とする分野に分かれてグループワークを行った。
社会環境・技術の変化の具体例(対面販売やイベント等の減少等)を挙げ、それによるサービスの変化(通販・オンラインイベント等の増加)を挙げ、自社を取り巻く環境の変化を考察した。

【協議事項、審議事項】
無し

【報告事項】
アロー企画の竹川氏、ジャパンプリンティングアカデミーの前田氏の紹介がされた。

【講評】
なし

【次回委員会開催日、場所】
11月17日(火)
ZOOMによるWeb会議 研修委員会の理念についてⅡ

【閉会】
20:00


                                                       ページトップへ

2020年度 第6回 研修委員会

1.司会小林委員長で開会
議事録作成者 →小嶋副委員長
2 写真他撮影担当者 →小嶋副委員長

出席者
小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、飯田氏、大瀧将聖氏、今井崎氏、小松原氏、武川氏、今井崎氏、大澤氏 12名

【日 時】
2020年9月15(火) 18:00~

【場 所】
Zoom リモート開催

【今月のテーマ】担当:福島氏 
(研修委員会基本理念について)
・理念とは
経営、運営する上でその会社、組織で働くすべての人の判断基準になるもの
理に適った念いと信念と理想、常に判断基準になることなど
・理念の思考の三原則
・正しい理念とは
・事例から学ぶ
・理念3つの条
理念3つの条とは、錦の御旗になるもの・運営の物差しになるもの(経営の物差し・運営の物差し)エネルギーの源になるもの(これを聞いたら喜ぶもの)
・東京紙器工業組合の歴史
・全日本紙器段ボール箱工業組合連合会
・研修委員会の歴史
・研修委員会の基本理念の考え方
・理念・規約等についてディスカッション
3組に分かれディスカッション研修委員会とはどんな場所かを各グループで話し合いました。
①わからないことをわからないと言える場
②情報交換
③自分たちが成長することにより会も成長をする場にする
④経営者の会にはしない
⑤困っている人を助ける
⑤成長の場
などの意見がでました。

【クレーム対応・状況報告】担当:小嶋氏
前回ご相談したクレーム内容のその後、先方とのメールのやり取りをお見せさせていただきました。
クレームやトラブルがあった時に「下請けかけこみ寺」とうい相談窓口があり、無償でのご相談が可能になります。
また「下請け法」について簡単ではありますが、ご説明させていただき、条件を満たしている場合下請け業者にやさしい法律となっております。

【毎月の発表】
なし

【審議事項】
なし

【講評】
なし

【次回委員会開催日、場所】
10月20日(金)Zoom リモート開催
株式会社アイ・シー・ラボ 川口福太郎氏を招いての講義を行います。
※来月講義後にリモート飲みを開催予定                      
おつまみ・お酒を持参の上ご参加の程よろしくお願い致します

【閉会、懇親会】
なし


                                                       ページトップへ

2019年度 第10回 研修委員会

司会西脇氏で開会
研修委員長挨拶、議長…委員長兼任。
議事録作成者 大瀧将聖氏
写真他撮影担当者 →小林委員長

出席者
小林委員長、西脇副委員長、福島氏、河村氏、吉井氏、大瀧敏裕氏、大瀧将聖氏、岡村氏、清弘氏、今井崎氏、小松原氏、田中氏、猪俣氏(東京工組)、 石原氏(懇親会のみ) 14名

【日 時】
2020年1月21(火) 19:00~

【場 所】
貸会議室 KoNA水道橋

【今月のテーマ】担当:吉井氏
「顧客管理」
・武川産業株式会社吉井氏の所属するSP事業部の概要説明
業務内容、得意先、設立、売上高、社員数、工場設備、得意先数、協力会社数、ワークフロー
・上記を踏まえつつ、重要な得意先の選定及び担当者決め、年度目標を各社どのように設定しているかを発表。また、目標修正や目標管理進捗、新規開拓をどうしているか、手法や担当者決めをどうしているか、顧客与信管理として手形取引をどう対応しているか、新規得意先との取引条件をどう設定しているかを討論した。特にオリンピックのような社会的な影響で売り上げが伸びた場合、翌年度同月は売り上げが同じほど見込めなくなるのをどうしているかといったことも協議された。日報を営業に毎日書いてもらう、営業会議で得意先との進捗を確認し対応を協議する、展示会に出展し新規顧客獲得につなげる、手形取引は一切しない、新規得意先とは初回は現金振り込みに必ずするといった取り組みが挙げられた。

【毎月の発表】
委員会で学んだ事をどう活かし、活かせているか
岡村氏・・・第三回2019/6/18のカード研修を社内で実施。
福島氏・・・社員を参加させると効果ある!第六回、2019/9/12の
泰清紙器様工場見学等、翌日に見学した社員と良い意見交換ができ実施した。

次回発表予定2月18日(火)
担当 今井崎氏・大瀧将聖氏 2名

【審議事項】
なし

【状況報告】
福島氏…2020年1月20日(月)~22日(水)まで化粧品開発展に出展中。時間に余裕がある方は是非来てほしいとのこと。
大瀧将聖氏…社内でBtoCの新商品のフィギュア向け背景ボードを開発中とのこと。3月にテスト販売予定。

【講評】
猪俣氏・・・今回のテーマ担当の吉井氏作成資料が、とても良くできていて素晴らしい!
資料を基に良いディスカッションができた。とのべられた。

【次回委員会開催日、場所】
2月18日(金)場所…浅草文化観光センター小会議室 PM19:00~

【閉会、懇親会】
居酒屋 鳥どり にて懇親会


                                                       ページトップへ

2019年度 第8回 研修委員会

司会西脇氏で開会
研修委員長挨拶、議長…委員長兼任。
議事録作成者 吉井氏
写真他撮影担当者 →小嶋副委員長

出席者
小林委員長、西脇副委員長、小嶋副委員長、福島氏、河村氏、五十嵐氏、吉井氏・大瀧将聖氏、岡村氏、清弘氏 10名

【日 時】
2019年11月19(火) 19:00~

【場 所】
貸会議室 秋葉原 AKBⅡ

【今月のテーマ】担当:河村氏
「働き方改革についての各社の取り組み」
*働き方改革後の変化について事前アンケート集計(担当 河村氏)
① 有 又は取り組み中 10社 ②無 3社 ③どちらともいえない 1社 計14社

このアンケート結果に基づいて
① 働き方改革後の変化があった内容について協議
a. 年次有給休暇取得促進。
b. 残業時間の削減
c. 定年後の雇用促進による労働力確保

*会社主導の年次有給休暇計画付与においては、専門家に各社確認のうえ対応すること。
*残業時間削減目的で多能工化が話題に。専門設備を動かすオペレーター多能工化は難しいという意見が多い。トラックドライバー主業務後の製造補助業務を実施している会社はあった。
*定年退職後の延長雇用により知識のある社員に働いてもらうことを推奨している会社と先を
見据えた世代交代を目的に入れ替えを中心に考えている会社がある。
*延長雇用で注意しなければいけないのは、5年連続延長雇用をする場合、5年を超えた時点より
「無期雇用社員」となってしまうこと。こちらも専門家に裏を取る必要あり。

回答②・③について
a. 積極的内容として有給奨励日を4年前から行っている(加藤紙器製作所様)
b. 有給を取りやすくするための環境づくり。
c. 不可がかかりすぎている従業員がいるが、変りができる者がいない。

*a. b.に関しては、責任者に積極的な有給取得を促し、実践した。(加藤式製作所様)
*a.は但し、①でも議論しましたが、会社主導で有給取得固定化は問題となる場合が考えられるため労使協定をあらかじめ取っておくなどは、対策必要。また、専門家意見も参考にすること
*c. は工場長・責任者(設備を動かせること前提)が不可のかかっている社員の交代要員となる


【毎月の発表】
次回発表予定1月21日(火)委員会で学んだ事をどう活かし、活かせているか
担当 岡村氏・福島氏 2名

【審議事項】
2020年1月21日(火) テーマ、吉井氏 担当 [営業管理・顧客管理] に決定。
2月18日(火) テーマ、IT・システム関係は、清弘氏担当に決定。

【クレーム対応・状況報告】
加藤紙器製作所様で製作した貼箱を納品後、時間がたってから表紙がはがれてきている。
初回1000箱納品中、ほとんどとのこと。原因は、湿度・温度ともに高い場所で長期保管していたことが理由と考えられる。参加メンバーからさまざまな対応策や意見がでた。

【講評】
五十嵐氏…延長雇用によるシルバー(前工場長)が週何日か作業を手伝ってもらっている。
繁忙期対応、他社員の有給休暇取得、残業削減には有効な対策と考えている。
就業時間も相談の上、より運営しやすい形をとろうと思っている。

【次回委員会開催日、場所】
12月13日(金)場所…両国第一ホテルPM6:00~ 「ハコの日」委員会・研修委員会合同懇談会
令和2年1月21日…ふれあい貸会議室 新宿No12 PM7:00~

【閉会、懇親会】
居酒屋 養老の滝 にて懇親会

    研修風景 研修風景
    研修風景 研修風景

                                                       ページトップへ

2019年度 第7回 研修委員会

司会田中氏で開会
研修委員長挨拶、議長…委員長兼任。
議事録作成者西脇氏
写真他撮影担当者 小嶋

出席者
小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、河村氏、五十嵐氏、大澤氏、猪俣氏(東京工組)、山崎氏(東京工組)

【日 時】
2019年10月15(火)

【場 所】
浅草文化観光センター 中会議室

【今月のテーマ】
㈲加藤紙器製作所小嶋副委員長・㈱出羽紙器製作所小林委員長により、自社の取り組みや悩み等を発表。他の委員会参加者が社外取締役になったつもりでアドバイス。 
 自身の紹介後、自社の沿革・取扱い商品・取り組み・課題・強み・弱み(問題点、悩み)社内での自身の悩み、等を発表。 
 悩みや問題点を他の委員会参加者ほぼ全員でアドバイス。
小嶋氏の営業として次期取締役として・小林氏の社長としての構想や悩みを開示、参加者から具体的なアドバイスが投じられた。

【毎月の発表】
委員会で学んだ事をどう活かしてるか、活かせたか発表。
西脇氏・田中氏により発表。 
 西脇氏…自分の未熟さを痛感。従業員の挨拶の大切さを自社へ・・・等。
 田中氏…泰清紙器様工場見学等、経営のシステムや制度を自社へ導入等。
 今後例会の都度、指名者が発表することが決定。

【審議事項】
11月のテーマ、河村氏担当 [働き方改革 会社側と社員側、各社こうします、してます] に決定
2020年1月テーマ、五十嵐氏担当 [営業管理・顧客管理] に決定。
2月テーマ、IT関係(IOT,AI,自動化などなど)担当未決定

【報告事項】
12月の忘年会、12月13日18:00~ 両国第一ホテルにて、東京工組・ハコの日委員会・研修委員会、合同で開催。
 議事録作成を担当することになった方は1週間以内を目処に議事録を提出してもらいたいとのお願い。

【講評】
山崎氏…将来的に今月のテーマの様な例会にて、決算書を提示し合う事できる様な会にしてゆきたい!と、のべられた。

【次回委員会開催日、場所】
11月19日(火)場所…貸会議室 秋葉原【AKBⅡ】

【閉会、懇親会】
居酒屋 はなの舞 にて懇親会

    研修風景 研修風景
    研修風景 研修風景

                                                       ページトップへ

2019年度 第6回 研修委員会 

出席者
小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、五十嵐氏、大瀧翔聖氏、今井崎氏、夏目氏(三洋紙業)、清弘氏、大澤氏、長南氏(中央工芸企画)、山野氏(中央工芸企画)、海藤氏(中央工芸企画)、中野氏(出羽紙器制作所)、貫井氏(出羽紙器制作所)、林崎氏(福島紙器製作所)、名倉氏(福島紙器製作所)、高橋氏(福島紙器製作所)、高須氏(福島紙器製作所)、河村氏、 寺田氏(オブザーバー) 、堀畑氏(オブザーバー)、猪俣氏(東京工組)

【日 時】
令和1年9月12日15時10分~

【今月のテーマ】
『工場見学』株式会社 泰清紙器製作所様 

・会社説明  ・・・・・ 15:10~
 株式会社 泰清紙器製作所 
 代表取締役 大木 啓稔氏
 営業部長  朝倉 英夫氏      よりご挨拶

・工場見学  ・・・・・ 15:25~
 1F/2F4グループに分かれ見学を始めました。

1F…
 抜き・簡易箱・印刷紙器・POP・箔押し・断裁などの加工
 1F第二工場にはクリーンエリアの設備があり、製薬関係・お菓子・ブランドの箱などを手がけており、全自動機1台を見学させていただきました。
2F…
 2F第二工場 半自動機・手貼りの作業の見学
 カッティングマシン・UVインクジェット、レーザー加工機、DCカッター
 2Fギャラリーの見学

・事業説明  ・・・・・ 16:15~
 泰清紙器製作所 
 代表取締役 大木氏
 より沿革・業務内容・紙器業界の現状・ブライディング(モテる会社)についてお話を聞かせていただきました。

・質疑応答  ・・・・・ 17:15~

【講評】
今回は無し

【次回委員会開催日、場所】
10月15日(火)  浅草

【閉会、懇親会】
18:00 、いちげん 北戸田店にて懇親会が行われた。
    研修風景 研修風景
    泰清紙器製作所様 研修風景

                                                       ページトップへ

2019年度 第3回 研修委員会 

出席者
小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、清弘氏、河村氏、福島氏、大瀧翔聖氏、五十嵐氏、武川氏、吉井氏、牧元氏、大澤氏、岡村氏、山崎氏(東京工組)、猪俣氏(東京工組) 、穴穂氏(東京工組)、石原氏(オブザーバー)、西岡氏(オブザーバー)、竹川氏(オブザーバー)。
新和製作所様より社員3名。
武川産業様、出羽紙器製作所様、テイ製作所様、荏原印刷様、西脇製函様、東京紙芸社様、中央工芸企画様、JPA様、8社社員1名づつ。


【日 時】
令和1年6月18日19時~

【場 所】
浅草文化観光センター


【協議事項】
なし

【審議事項】
なし

【大和板紙 寺村課長 福山様 紹介】
本社大阪。神田に営業所。
難処理古紙や小ロット等、小回りを効かせた生産を得意とされている。
混紗紙(ジーンズやブドウ等)の紹介。デザイナーとのコラボ等も行っている。
用紙の生産は20トンから。約一ヶ月。

【今月のテーマ】
承認カードをつかったコミュニケーション。
各社の従業員も参加してメッセージを伝える難しさ、相手を理解する方法を学んだ。
“Iメッセージ”“Youメッセージ”
Iメッセージは本当の自分の気持ちを伝えられる(日本人は苦手)
Youメッセージは事実を伝えるのにはいいが相手に強要しがちになる
承認カードを使って結果承認はしやすいが存在承認はしづらいことを認識した。

【報告事項】
青年部総会の報告。
東京工組総会の報告。

    研修風景 研修風景
    研修風景 研修風景

                                                       ページトップへ

2019年度 第2回 研修委員会 

出席者
小林委員長、西脇副委員長、小嶋副委員長、田中副委員長、星野氏、清弘氏、今井崎氏、吉井氏、河村氏、永末氏、柳原氏、大澤氏、大瀧将聖氏

【本日のテーマ「働き方改革」について】
講師 レビンコンサル社会保険労務士法人 五十嵐 一浩氏

1.自己紹介 
池袋に会社をかまえ、10名体制で行っている。
 
2 働き方改革関連法概要
まず労働基準法は、昭和21年に出来た法律である。
今回は、残業規制、労働時間の管理、残業代、年次有給休暇、助成金にスポットをあて説明をして頂いた。
ちょっとした工夫で、会社側と社員の気持ちが合致できることを学んだ。
また就業規則の重要性を感じ、経営者がするべき事を学んだ。

【審議事項】
6月第3回社員参加型オープン例会の内容について

カードワークをやる予定。どのカードワークをやるのか決めないといけいない。候補は、承認カード。またカードを購入しなくては、ならないので1週間前までには、出席者の人数の把握が必要である。またカードワークをやるにあたり、なるべく会社を把握している者で行いたい。



【報告事項】
小林氏より 現在インドネシアにて人材の募集をしている。
2人を採用する予定で、日本に来るまでに4カ月をかけ、準備、教育(日本語やマナー)
をしてから、来日予定である。
今までは、サウジアラビアなど中東に行く人が多かったが、年々日本へ行く人も増えている状況であるとの事。
とてもやる気に満ちているのでとても楽しみである。

【講評】
今回は無し

【次回委員会開催日、場所】
6月18日(火)  未定

【閉会、懇親会】
21:00 、四十八漁場にて懇親会が行われた。

    研修風景 研修風景
    研修風景 研修風景

                                                       ページトップへ

2019年度 第1回 研修委員会 

出席者
小林委員長、西脇副委員長、小嶋副委員長、福島氏、今井崎氏、五十嵐氏、河村氏、吉井氏、牧元氏、岡村氏、柳原氏、多根氏、大澤氏、大瀧将聖氏、大瀧敏裕氏(東京工組)、 山崎氏(東京工組)、猪俣氏(東京工組) 、小松原氏(オブザーバー)、五十嵐義人氏(オブザーバー)

【小林委員長挨拶】
今期のテーマ「自社を知り、学んで活かそう!」という発表がされ、今後自社の課題発表、研修で学び自社に活かした事の発表をする予定。
今回、オブザーバー参加の五十嵐製箱所の五十嵐義人氏の紹介がされた。

【本日のテーマ「経営理念等について」 担当 福島氏】
まず始めに福島氏より経営理念についての説明がされた。
「経営理念とは経営するうえでその会社で働く全ての人の判断基準になるもの、理に適った念い。信念と理想。常に判断基準になること。」
続いて理念の三つの視点、思考の三原則、正しい経営理念、他社の経営理念等が説明された。
その後、各グループに分かれて自社の強みを発表し、グループ毎で出た意見などをまとめて発表した。

最後に福島紙器の基本理念等が説明され、各々の会社で経営理念を作り、それを浸透させる事が良い会社作りに繋がると教えられた。



【協議事項】
① 6月第3回 社員参加型オープン例会の内容について
意見として「社員がそれぞれ会社の成長と自己成長を発表する」「仕事の依頼の課題を出しそれぞれ案を考え、発表する」等の意見が出た。
② 9月第6回 工場見学の候補
見学先の案として大瀧敏裕氏より貼り箱を主としている泰清紙器さんの紹介がされた。


【審議事項】
① 7月第4回、8月第5回のテーマ担当決め
第4回テーマ担当 岡村氏、第5回テーマ担当 大澤氏
が決まった。

【報告事項】
福島氏よりファベックスの参加が紹介された。

【講評】
山崎氏より「経営理念が有るから良いとか無いからダメというのは関係無く、 必要だと思ったら作れば良いと思う。これをキッカケに経営理念について考えてもらえればと思う。 又、自分もいろんな勉強会に参加しているが福島氏が学んでいる日創研などの勉強する団体に参加する事で色んな事が勉強出来るし、色んな出会いがあるのでそういった所が必要。」と頂いた。

【次回委員会開催日、場所】
5月21日(火) 新宿周辺

    研修風景 研修風景
    研修風景 研修風景

                                                       ページトップへ