活動報告

事業報告

平成30年 東京紙器工業組合新年会 レポート


平成30年1月12日(金)に東京紙器工業組合新年会が、東天紅 上野本店 8階ザルーキスの間にて盛大に行われました。 当日はご来賓や関連企業の皆様も多数ご出席頂き、組合員も含め80数名の盛会となりました。 18時の定刻に猪俣吉春副理事長の司会で始まり、つづいて野原洋一理事長がお元気にご挨拶されました。また、ご来賓15名様を代表して有功社シトー貿易株式会社 代表取締役社長 谷口有三様にご挨拶を頂きました。
野原洋一理事長 挨拶 ご来賓 谷口様 挨拶
野原洋一理事長 挨拶 ご来賓 谷口様 挨拶

乾杯の発声は成田哲也相談役のもと、全員が声高らかに唱和し宴が始まりました。 円卓を囲みながらの美味しい中華料理とお酒で会話も弾み、皆さん楽しそうでした。 19時頃には出席された支部長全員が壇上に上がり、活動報告を含め一人ずつ挨拶をしました。各支部の様々な活動が聞けてとても良い企画でした。
成田哲也相談役 乾杯挨拶 各支部長からの活動報告
成田哲也相談役 乾杯挨拶 各支部長からの活動報告

また、来期の「ハコの日」イベントの委員長に決まっている株式会社 福島紙器製作所
専務取締役 福島 剛氏が他の新年会から駆けつけて意気込みを挨拶されました。
宴もたけなわの中、山崎康成副理事長が大締め・閉会の挨拶をされ名残惜しくも
皆様散会されました。
「ハコの日」委員長 福島 剛氏 山崎康成副理事長 閉会の挨拶
「ハコの日」委員長 福島 剛氏 山崎康成副理事長 閉会の挨拶

                                                   ページトップへ

支部だより

【墨田紙器同志会】 オープン例会開催

 墨田支部の墨田紙器同志会(嶋田廣雅会長=株式会社 嶋田紙器製作所)でオープン
 例会が2月16日(金)19時よりすみだ産業会館で開催された。
 年に一度は組合員誰でも参加可能な例会を開催する同会の今回の講師は山崎副理事
 長、「紙器はまだまだ儲かる」をテーマに講演した。前半は山﨑氏より創業55年の
 新和製作所の沿革と現状について、後半は若い女性プランナー、デザイナーにより、
 調査からプレゼンまでの流れを事例をもとに説明した。出席は同志会11名、他地区
 1名、研修委員会から10名が参加し、賑やかな例会となった。
 21時からは場所を変えて向島「水のえ」にて懇親会。ここでも講師4人を囲んで質疑
 と談笑の絶えない有意義な時間を過ごし23時散会した。   

講師の山崎副理事<br />
   長 懇親会の様子
講師の山崎副理事 懇親会の様子

                                                ページトップへ

研修委員会のお知らせ

2018年度 第2回 研修委員会 5月15日(火)

出席者
 河村委員長、小林氏、風岡氏、西脇氏、福島氏、武川氏、清弘氏、木山氏、
 多根氏、五十嵐氏、田中氏、小嶋氏、大瀧氏(オブザーバー)

決定、審議事項
これからの研修委員会について
・06/19(火)に労務管理の講義が決定
・工場見学について
  東京紙芸社 ― 人数的に厳しい
 コニカミノルタ ー オブザーブで来てもらって工場見学出来るかどうか相談する
・数字が見える化について ― 田中氏にお願いしてみる(次回再協議)
・人材育成、評価基準について ― 武川氏に担当してもらう(次回再協議)

小林氏の講義
・決算書とはーP/Lの基本的な構造
       B/Sの基本的な構造
・キャッシュフローについて
・変動費・固定費について
・リースについて
・経理の重要性

【報告事項】
福島氏―ハコの日についての進行状況の報告
河村氏―06/9(土)~10(日)に広島で開催される全国青年部会について
清弘氏―07/18(水)に開催される中央会主催セミナーについて
    テーマ「事業承継」 

大瀧氏より講評をいただく。

    小林氏による研修 研修風景
    小林氏による研修 研修風景

                                                       ページトップへ

2018年度 第1回 研修委員会 4月17日(火)

出席者
 河村委員長、小林氏、風岡氏、西脇氏、岡村氏、福島氏、今井崎氏、清弘氏、
 多根氏、五十嵐氏、田中氏、木山氏、猪俣氏(オブザーバー)

協議事項
[自己・自社紹介]
事前に配布されたアンケートをもとに、出席者12名の自己・自社紹介が行われた。
対応エリア / 従業員数(社員・パートタイムの内訳) / 業種(貼箱・印刷・製函等) /
自社機械設備 / 自社・自己PR 等、各人が3分間程度で発表、内容に対し質疑応答を行った。
各社様々な業態、得意とする分野、得意先の話が上がり、質疑応答も具体的で
興味を引き出すやりとりが行われた。
新年度の顔合わせを機会に行われた取り組みだったが、互いに近況の共有と新たな発見が生まれ、意義あるものとなった。

[2018年度上半期各月研修委員会テーマ]
・6月: 労務関連講師講演会 <決定> 内容 – 労務の基礎・経営者としての基礎・労務に
    関わる補助金 等
・日時未定: 数字の見える化・目標の決め方 内容 – 各社の取り組みをそれぞれ発表
      ディスカッション形式
・日時未定: 評価基準・人材育成 内容 – 各社の取り組みをそれぞれ発表
      ディスカッション形式
・日時未定: 工場見学 内容 – 東京紙芸社 デジタルUVニス厚盛印刷機等見学
      日程・最大人数等調整

【報告事項】
[福島氏] ハコの日2018実行委員会参加者募集。
    日程・内容に対し人員不足の感があるため、是非参加を。

【講評】
[猪俣氏] 各社インデックス的で細かな紹介がなされ、興味深かった。できればこれを
    発展させて各社PowerPointで具体的な資料を用意し、発表・質疑応答等を
    行えば、有意義で発表のスキルアップにも繋がるのではないか。

    研修風景 研修風景
    研修風景 研修風景

                                                       ページトップへ