活動報告

事業報告

第64回通常総会


東京紙器工業組合は第64回通常総会を5月25日、東京・墨田区の第一ホテル両国で開催した。委任状出席も含め、法定数を満たしていることが報告され、全提出議案が満場一致で承認可決された。

とくに今年の「ハコの日」はオンライン開催(8月5日)が決定、参加者募集を始めることになった。


                                                   ページトップへ

令和2年度後期技能検定実技試験


令和2年度後期技能検定実技試験が実施された。

印刷箱製造(打抜き・製箱)の1級・2級実技試験は、1月24日(日)午前8時から、㈱新和製作所・第二工場(埼玉県ふじみ野市)で行われ、多数が受検し、午後5時終了した。

貼箱製造の1級・2級実技試験は、2月7日(日)午前8時から、㈱泰清紙器製作所(埼玉県戸田市)で行われ、多数が受検し、午後4時終了した。

*コロナ感染拡大防止策のもと、実施された。


                                                   ページトップへ

特別セミナー


2021年1月8日、第一ホテル両国で、新春セミナーがおこなわれた。講師には、一般社団法人マザーリングマネージメント協会代表理事の金子祐子氏を招き、「自発的に仕事に取り組むご機嫌な社員を増やす」をテーマに、講演がおこなわれた。

参加者からは、「大変役に立つ内容」と多くのコメントが寄せられた。

*コロナ感染拡大防止対策のもと、人数制限を設けて開催しました。


                                                   ページトップへ

情報交換会


2020年12月10日、浅草文化観光センター大会議室で、第一回「情報交換会」を開催した。
コロナ禍における組合員各社の事業展開について、情報交換をおこない、興味深い内容が浮き彫りとなった。

*コロナ感染拡大防止対策のもと、人数制限を設けて開催しました。


                                                   ページトップへ

特別セミナー


東京紙器工業組合は10月8日午後3時30分から東京・台東区の浅草文化観光センター大会議室で特別セミナーを開催した。今回は「紙器会社のテレワーク導入」をテーマに講師の湯本英宏氏(グラパックジャパン㈱取締役部長)が行った。

*コロナ感染拡大防止対策のもと、人数制限を設けて開催しました。


                                                   ページトップへ

研修委員会


2020年度4月~10月
コロナウイルス感染拡大防止のためZOOMで毎月開催している。

                                                   ページトップへ

第63回通常総会


東京紙器工業組合は5月29日、第63回通常総会を書面決議により実施し、
すべての議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では、山崎理事長を再選した。

                                                   ページトップへ

令和2年賀詞交換会


東京紙器工業組合は1月9日午後6時から、第一ホテル両国で、令和2年賀詞交換会を開いた。来賓を含め62名が参加、新年初顔合わせを行った。
令和2年賀詞交換会
令和2年賀詞交換会
                                                   ページトップへ

理事会

令和3年度第1回理事会

東京紙器工業組合は7月13日、浅草文化観光センターで令和3年度第一回理事会を開催した。
今回、「ハコの日」(加藤健太委員長)は8月5日~20日までオンライン(https://hakonohi.com)で開催される。


                                                  ページトップへ

第6回理事会

東京紙器工業組合は4月27日午後3時30分から、東京・墨田区の第一ホテル両国で
第6回理事会を開催した。今回もコロナ感染拡大防止策を徹底したなかでの開催となり、
第64回通常総会(5月25日開催)への全提出議案を審議、承認された。
2021年「ハコの日」は、オンライン開催で行うことも決定した。


                                                  ページトップへ

第5回理事会

東京紙器工業組合は3月18日午後3時30分から、東京・墨田区の第一ホテル両国で
第5回理事会を開催した。今回もコロナ感染拡大防止策を徹底したなかでの開催となり、
新年度事業計画等について審議した。向島支部解散に伴い、退会者6社、個別会員として
継続加入者が6社になったことが報告され、了承された。
東日本紙器厚生年金基金の解散に伴う不動産売買について、経過説明が文書(同基金
作成)で配布されたが、今後の対応については専門家の意見を聞くことで了承された。


                                                  ページトップへ

第4回理事会

東京紙器工業組合は第4回理事会を11月19日にひらき、
12月、1月の事業スケージュールを発表した。

1.令和2年度後期技能検定試験について

受検者は印刷箱製造(製箱・打抜)が1級2級あわせて21名(実技のみ)、
貼箱製造が1級2級合わせて12名(実技のみ)。

実技試験日は、印刷箱製造が2021年1月24日(日)、㈱新和製作所様第二工場(埼玉県ふじみ野市)で、
貼箱製造が2021年2月7日(日)、㈱泰清紙器製作所様(埼玉県戸田市)でおこなわれる。

2.「コロナ禍における独自の経営展開」テーマの情報交換会

12月10日、浅草文化観光会館で18名限定で開催される。

3.令和2年度「理事・顧問・相談役忘年会」について

 コロナ感染拡大防止の観点から、今年は中止とした。

4.令和3年度「新年会」について

 コロナ感染拡大防止の観点から、2021年1月開催は中止とした。

 これにかわる「新年特別セミナー」は1月8日に両国第一ホテルで開催することになった。

 懇親会をおこなわず、40人限定でおこなう。


                                                  ページトップへ

第3回理事会

・東京紙器工業組合は9月17日、第3回理事会を開き、2020年度後期技能検定試験の申込状況を発表した。印刷紙器製造(打抜き・製箱)は1級2級あわせて24人、貼箱製造は10人となる。2021年「ハコの日」も開催することで了承された。


                                                  ページトップへ

第2回理事会

・東京紙器工業組合は7月17日午後3時30分から、浅草文化観光会館で、令和2年度第2回理事会を開催した。コロナウイルス感染拡大防止のため大会議室で出席者の距離を置いておこなわれた。2020年度事業ならびに城南支部の設立と中央支部解散に伴う個別加入など、全議案を審議、承認された


                                                  ページトップへ

研修委員会のお知らせ

第1回「抜きオペレータ研究会」

【日 時】
2019年11月16日(土)13:00〜19:00

【場 所】
㈱新和製作所・第二工場

 東京紙器工業組合主催の第1回「抜きオペレータ研究会」が11月16日午後1時から㈱新和製作所・第二工場(山崎康成社長、埼玉県ふじみ野市)で20社41人が参加し、工場見学と研究会が開催された。研究会のディスカッションでは、㈱カウンタープレートジャパン代表の浅井和明氏をアドバイザーに招いて、活発な論議が行われた。

    研修風景

                                                       ページトップへ

研修委員会のお知らせ

2021年度 第5回 研修委員会

【日 時】
2021年8月17日(火)17:55~

【場 所】
ZOOMによるWeb会議

【参加者】
小嶋委員長 西脇氏 大澤氏 福島氏 田中氏 小林氏 河村氏

【今月のテーマ】
テーマ:①アフターコロナを見据えた経営環境の見直し、営業戦略
担当:大澤様
Q.一昨年から続くコロナ禍の影響で、貴社の経営環境はどのように変わりましたか?
・イベント関係の仕事が減り、自社の製品(ネット販売)のパッケージは前年より伸びた。
・補助金、助成金等を駆使して対策をとった。
・売上の減少。
・昨年3月頃より幹部を中心に危機意識を共有し大きく3つ方針を発表した。①今の雇用は守る ②社内固定費の削減  ③新商品開発 
など…
Q.コロナ禍を機に、貴社で何か見直しをしましたか?
Q.コロナ以前と比べ、コロナ禍では対面営業が厳しくなってきています。 貴社は何か営業戦略を変えましたか?
Q.アフターコロナは、どんな会社にしていきたいですか?
上記大きく分け4つの課題について各会社からお話を伺い、アフターコロナ各社から活発に情報意見交換をいたしました。

テーマ:②人のマネジメント
担当:小林様
・会社からの視点から考えてみる
・従業委員からの視点から考えてみる
Zoomにて2グループに分かれ下記内容について話し合い、まとめて発表致しました。
・どんな人材が欲しい?
・今いる社員にどんな人材になってもらいたいか?
「積極的・主体性・自分がメインでできる人」
「指摘を受けたときに素直に応じ受け入れる」
などが上がりました。

その他
・21年卒業生、企業に求めるものは?
・2020年卒マイナビ大学生就職意識調査
をもとに小林氏が進行を行い各社からの意見交換をいたしました。

【次回委員会開催日】
9月21日(火)予定  (時間未定)
京紙器段青年部会・東京紙器研修委員会オンライン交流会


2021年度 第4回 研修委員会

【日 時】
2021年7月20日(火)17:55〜

【場 所】
ZOOMによるWeb会議

【参加者】
小嶋委員長 河村氏 福島氏 田中氏 大澤氏 西脇氏 清弘氏

【講師】
稲田財務 稲田様
他M-cass平井様 高木様

【今月のテーマ】
前回に引き続き会計・財務関係のセミナー
 「第3回ビジネスゲームで学ぶ!決算書を読める・活かせるセミナー」

・何を学びたいか?との質問に対し
金融機関からの評価等(大澤氏)
総合的な視点(福島氏)
現実の数字と営業数字との結びつき(清弘氏)
決算書を読みたい(河村氏)
商品ロスが数字上どのように反映されるか(西脇氏)
決算書に興味を持てるようになりたい(小嶋氏)

・経営者の悩み
売上
人材
資金繰り(財務)=こちらが分からないと夜間飛行、他のやるべき事しっかりと専念するため

・PLとBSの構造
5つの利益と5つのコスト
BSは社長の性格

などの内容で説明を受けたり、グループに別れて意見交換をしながら理解を深めた。

【報告事項】
ハコの日 HP開設予定

【その他】
小嶋氏より 加藤紙器でモノづくり支援補助金を受けることが決まった。オート機械

【イベントの案内】
福島氏より 日創研 オープン公演 無料 8/19 19:00


2021年度 第3回 研修委員会

【日 時】
2021年6月15日(火)

【司 会】
大澤氏

【場 所】
ZOOMによるWeb会議

【参加者】
小嶋氏、西脇氏、大澤氏、福島氏、河村氏、小林氏、田中氏、清弘氏

【今月のテーマ】
担当:田中氏(講師:(株)M-Cass/代表取締役 平井様)
第2回ビジネスゲームで学ぶ!決算書を読める・活かせるセミナー

まず平井様から貸借対照表と損益計算書の説明とROA(総資産利益率)の話がされた後、2グループに分かれビジネスゲームをした。

 ゲームでは「資金調達」「商品仕入れ」「商品販売」「経費支払い」という流れをサイコロを使いながら進めた。
ゲームの結果にはROAも自動で計算され、参加者の中で誰が一番良い成績かを競い田中氏が一番良い成績だった。
ゲーム後、どうすればゲームでROAが上げられたか2グループに分かれ討論がされた。

その後なぜROAが重要かの説明がされた後、自社の経営についてどうするとROAが上げられるかの討論をした。

・投資を減らして利益率を上げつつ、売上高を上げて回転率もあげる。
・投資を最小にして利益も伸ばす。しかし利益を伸ばすのは中々難しいので、 無駄な投資を減らすのが現実的。
・他社には出来ないオンリーワン商品などを考える。
・機械だけではなく人材も投資する。
などの意見があった。

平井様から委員へ今回のセミナー活かせるように自己学習用シートが配られ、田中氏からは「今回のセミナーを通じて先生たちに自社の相談もしてみて欲しい」とのまとめの言葉で終了した。

【次回委員会開催日】
7月20日(火)
第3回ビジネスゲームで学ぶ!決算書を読める・活かせるセミナー


2021年度 第2回研修委員会

ZOOMで開催
議事録:飯田
司会:西脇氏
担当 田中氏
テーマ第一回:ビジネスゲームで学ぶ決算書読める・活かせるセミナー(全3回)

【日 時】
2021年5月18日(火)17:55~20:00

18時より【講師】株式会社稲田財務 代表取締役 稲田裕様による決算書についてのセミナー
・決算書を読み解く必要性
・決算書を読む目的
・決算書を読めるようになると、どのようなことができるか
などを勉強した。
第2回・第3回はより実践的・経営に役に立つ内容で学んでいく。

19時より【講師】株式会社M-Cass 代表取締役 平井孝道様による貸借対照表と損益計算書についてのセミナー
・ビジネスゲームの簡易版(エクセル)を使い、家電量販店を経営し借対照表・損益計算書を勉強した。
次回は今回より少し本格的はゲームを使って学んでいく。

協議事項 なし
報告事項 なし
次回委員会開催日 6月15日17時55分より


2021年度 第1回研修委員会

今後しばらくはZOOMで開催予定
議事録:大瀧将聖
担当:福島さん
テーマ:経営理念

【日 時】
18:05~18:50

・おさらい
 ●理念とは 組織の常に判断基準になるもの
 ●理念の三原則 長い目で、多面的に全面的に、枝葉末節にとらわれず根本的に観察する
 ●理念の機能 組織の存在理由、運営方法をはっきりさせるもの
 ●理念の3つの条件 大義、価値判断、エネルギーの源泉になるもの
・東京紙器工業組合の歴史
 大正5年創立、昭和35年に15支部
・段ボール工業組合
・研修委員会の歴史 平成25年10・4、6人で発足
・委員会の基本理念 情報収集、愉しい場、経営者だけでない、紙器業界を盛り上げる場
・2チームに分かれて10分ディスカッション 委員会の理念の再考
1. オープンの意味が分かりづらい、文章的にわかりづらい
2. 分かりやすくていい、定期的に読む、言葉の意味を再確認することで浸透させられる

研修委員会はオープンに学びあい、情報を共有できる愉しい場を通じ、互いの成長、紙器業界の発展に寄与します。

研修委員会は、オープンに学びあい情報を共有できる愉しい場を通じ、互いの成長と紙器業界の発展に寄与します。

研修委員会は、‘オープンに学びあい、情報を共有できる愉しい場’を通じ、互いの成長と紙器業界の発展に寄与します。○これに策定

小林さんの回は8月に変更
次回:5月18日(火)17:55~、決算書の見方、講師


2020年度 第10回研修委員会

【司会小林委員長で開会】
・研修委員長挨拶、議長…委員長兼任。
・議事録作成者西脇氏
・写真他撮影担当者 小嶋氏
出席者 小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、河村氏、

【日 時】
2021年1月19(火)

【場 所】
ZOOMによるWeb会議

【今月のテーマ】
『コロナ対策の共有』
・リモートワークの為、社内のネット環境整備
・資金繰り、コロナ対策の融資や助成金等の状況と予測
 返済計画。
・営業かけるお客様、業種を増やしてチャンスを作る。
・製造における効率化
・コロナ以前から会社組織がやらなきゃならないことをやってきた会社が
 コロナ下においてもなんとかなっているでは。
 等、各社から活発に情報意見交換をした。

【審議事項】
研修委員会基本理念(仮)を山崎理事、猪俣氏にお伝えし、意見を聞く。

【来期役員候補選定】
参加者で役員候補を相談した。

【次回委員会開催日、場所】
2月16日(火)場所…未定

【閉会】


                                                       ページトップへ

2020年度 第8回研修委員会

参加者
<会場> 小林委員長、西脇副委員長                           
<ZOOM> 田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、河村氏、飯田氏、大澤  8名

【日 時】
2020年11月17日(火) 19:00~

【場 所】
ZOOM & KoNA水道橋

【研修委員長挨拶】
小林委員長の挨拶から始まり、各会社の近況報告

【今月のテーマ】担当:福島氏
「研修委員会基本理念の作成」

~前回(9/15)の研修会のおさらい~
・理念についての復習・・理念とは、理念の三原則、理念の機能、理念の三つの条件
・日創研の経営理念・・経営理念、ビジョン、目的・使命
・東京紙器工業組合の歴史・・創立104年の歴史
・全日本紙器段ボール箱工業組合連合会 段ボール箱・紙器産業人網領
・研修委員会の歴史・・平成25年10月嶋田氏の他6名で発足、現在3代目小林委員長
・研修委員会の基本理念の考え方・・目的、歴史から学ぶ、思考の3原則、理念三つの条件
時代に合わせるなど。
以上の内容から、研修委員会の基本理念を参加者全員でディスカッションし、意見を纏めて具体的に落しこみをした。

~研修委員会の基本理念を考える~
・纏めるポイントとしては、『どういう会にしたいのか?』を考え、意見を出しあう。
・参加者メンバーの思い
*成長という言葉は必須、研修会で学んだことを会社に持ち帰り社員と共有、実践する。
*助成金などいろいろな情報を収集できる場。
*経営者だけでなく、ワークショップなど誰でも参加しやすい楽しい場。
*個々の知識、技術などレベルが違うので、個々の力が更に発揮できる場にしたい。
*互いに高めあう、共に成長のできる場。
*会社の悩み、クレームの相談や対応など解決のヒントになるオープンな場にしたい。
*成長産業ではないが、業界の活性化に繋がる研修会にしたい。
*過去、現在、未来と繋がって研修委員会を通じ社会貢献していく(未来に寄与していく)
*誰でも、分からないことを「分からない」と言える場でありたい。

・上記の意見から大切な言葉を抜き出し集約していく
「成長」「情報収集」「共に」「愉しい場」「オープンの場」「経営者だけではない」
「過去、現在、未来と繋がって」   
・理念について再復習・・この研修委員会はどういう目的で、どのような考え、やり方で運営し
ていくのか。
・一つに纏めていく
研修委員会基本理念(仮)
研修委員会はオープンに学びあい、情報を共有できる愉しい場を通じ、
互いの成長、紙器業界の発展に寄与します。

【審議事項】
研修委員会基本理念(仮)を山崎理事、猪俣氏にお伝えし、意見を聞く。

【報告事項】
11月、㈱飯田紙器製作所の飯田剛弘氏が代表取締役に就任した。

【次回委員会開催日、場所】
12月15日、未定 (忘年会未定)


                                                       ページトップへ

2020年度 第7回研修委員会

司会:小林氏
参加者:小林委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、西脇副委員長、大瀧将聖氏、福島氏、河村氏、清弘氏、大澤氏、湯本氏、石原氏(オブザーバー)、前田氏(オブザーバー・JPA)、竹川氏(オブザーバー・アロー企画)

【日 時】
2020年10月20日(火)

【場 所】
ZOOMによるWeb講演・グループワーク

・小林委員長挨拶
今年はコロナ禍で色々な所に影響が出ている、各社の事業もそれぞれ違うので今回のテーマの事業環境分析で自社に学びを持ち帰って欲しい。

【今月のテーマ】
「事業環境分析」 講師:株式会社 アイ・シー・ラボ 川口福太郎氏
川口氏は印刷関係の会社を対象に研修をされている。

今回はコロナの影響による事業環境変化を考察する。
【目的】将来の事業環境をどのように考察するか、方法論を学習する。
・各社が、自社の商品・サービスが影響を受ける市場について考察出来るように。
・各社が考察した事業環境を、中長期の「骨太の戦略」策定につなげるため

川口氏から事業環境分析の説明がされた後、各社が得意とする分野に分かれてグループワークを行った。
社会環境・技術の変化の具体例(対面販売やイベント等の減少等)を挙げ、それによるサービスの変化(通販・オンラインイベント等の増加)を挙げ、自社を取り巻く環境の変化を考察した。

【協議事項、審議事項】
無し

【報告事項】
アロー企画の竹川氏、ジャパンプリンティングアカデミーの前田氏の紹介がされた。

【講評】
なし

【次回委員会開催日、場所】
11月17日(火)
ZOOMによるWeb会議 研修委員会の理念についてⅡ

【閉会】
20:00


                                                       ページトップへ

2020年度 第6回 研修委員会

1.司会小林委員長で開会
議事録作成者 →小嶋副委員長
2 写真他撮影担当者 →小嶋副委員長

出席者
小林委員長、西脇副委員長、田中副委員長、小嶋副委員長、福島氏、飯田氏、大瀧将聖氏、今井崎氏、小松原氏、武川氏、今井崎氏、大澤氏 12名

【日 時】
2020年9月15(火) 18:00~

【場 所】
Zoom リモート開催

【今月のテーマ】担当:福島氏 
(研修委員会基本理念について)
・理念とは
経営、運営する上でその会社、組織で働くすべての人の判断基準になるもの
理に適った念いと信念と理想、常に判断基準になることなど
・理念の思考の三原則
・正しい理念とは
・事例から学ぶ
・理念3つの条
理念3つの条とは、錦の御旗になるもの・運営の物差しになるもの(経営の物差し・運営の物差し)エネルギーの源になるもの(これを聞いたら喜ぶもの)
・東京紙器工業組合の歴史
・全日本紙器段ボール箱工業組合連合会
・研修委員会の歴史
・研修委員会の基本理念の考え方
・理念・規約等についてディスカッション
3組に分かれディスカッション研修委員会とはどんな場所かを各グループで話し合いました。
①わからないことをわからないと言える場
②情報交換
③自分たちが成長することにより会も成長をする場にする
④経営者の会にはしない
⑤困っている人を助ける
⑤成長の場
などの意見がでました。

【クレーム対応・状況報告】担当:小嶋氏
前回ご相談したクレーム内容のその後、先方とのメールのやり取りをお見せさせていただきました。
クレームやトラブルがあった時に「下請けかけこみ寺」とうい相談窓口があり、無償でのご相談が可能になります。
また「下請け法」について簡単ではありますが、ご説明させていただき、条件を満たしている場合下請け業者にやさしい法律となっております。

【毎月の発表】
なし

【審議事項】
なし

【講評】
なし

【次回委員会開催日、場所】
10月20日(金)Zoom リモート開催
株式会社アイ・シー・ラボ 川口福太郎氏を招いての講義を行います。
※来月講義後にリモート飲みを開催予定                      
おつまみ・お酒を持参の上ご参加の程よろしくお願い致します

【閉会、懇親会】
なし


                                                       ページトップへ